2004年03月24日

ソニーのリブリエって来月発売だったのか!

レビュー:単行本サイズに文庫本サイズの画面を搭載した新時代の電子ブックリーダー「LIBRIe(リブリエ)」、銀座ソニービル速攻レビュー(PalmOSLove)

べたぼめのレビュー。個人的には、どういうフォーマットのデータが採用されるのかが気になる。時限式で消滅する貸本形式を採用しているというが、送り手の都合で消えていくのと、自分で処分するのとでは、本質的に違っているわけで、いかにデジタルデータといえど、刹那的な扱いとなることにはあまり感心しない。

個人的には電子書籍は「読む権利」、いわば Read Right とでも呼ぶべきものが発行されるのがのぞましいと考えている。電子書籍に対する対価は、それをいつでもどこでも読むことができる、そのことに支払われるということ。読者は、いつでも書物データベースにアクセスしてその本を読むことができる。通勤途中は携帯電話、喫茶店では読書装置をレンタルして、家に帰ったらゆったりとくつろぎながらハイビジョンモニタで続きを読む…、そんなふうにビークルを自在に乗り替えながら、一冊の本を読めるようになればいいと思うのだ。

もしリブリエが、時限式でデータ消去する仕組みであったとしても、いつでもまたダウンロードして読む権利が認められるのなら、すばらしいことなんだけど。

ボタン配置としては、左手で持ちながら、親指を駆使してページをめくることが想定されているようだ。

参考:
ソニーのリブリエのページ

「週刊リブリエマガジン」なるメルマガもスタートする。→申込ページ


posted by 多村栄輝 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。